CENTER FOR GENE RESEARCH__TAKUYA MATSUO
▲遺伝子実験施設ホームへ
2017/6/5更新


Profile


松尾 拓哉(マツオ タクヤ)、Takuya Matsuo
matsuo takuya                         名古屋大学・遺伝子実験施設・講師

 ほとんどすべての生物が概日時計を持っています。どの生物の概日時計も基本的な性質は同じですが、不思議なことに概日時計を構成する遺伝子(時計遺伝子)は異なります。また、概日時計が時を刻むメカニズムは多くの研究者によって精力的に研究が進められていますが、本質的なメカニズムはまだほとんど解っていません。これらの問題に取り組むため、私は、単細胞真核生物である緑藻クラミドモナスを時計遺伝子研究の新しいモデル系として確立し、概日時計の研究を進めています。

略歴
1998年3月 山口大学理学部生物学科 卒業
2003年3月 山口大学理工学研究科博士後期課程 単位取得退学
2003年4月〜2004年3月 名古屋大学遺伝子実験施設・研究員
2004年3月 理学博士取得(山口大学)
2004年4月〜2007年3月 日本学術振興会特別研究員PD
2007年4月〜2009年2月 名古屋大学遺伝子実験施設・研究員
2009年3月〜2016年3月 名古屋大学遺伝子実験施設・助教
2016年4月〜現在    名古屋大学遺伝子実験施設・講師

所属学会
 日本時間生物学会、日本遺伝学会、日本植物生理学会